ホーム

  • 年齢・対象から探す
  • 目的から探す
  • 県からのお知らせ
  • お悩み相談広場
  • 役立ちリンク

ホーム > 目的から探す > 読み聞かせについて > バックナンバー > 2017年4月:読み聞かせについて

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

読み聞かせについて

今、県内各地で「読み聞かせ」の活動が盛んに行われています。

読み聞かせは、情操教育においても、また集中力をつけるのにも有効であるといわれており、何より大好きな人に読んでもらった本とその先に広がる世界は子どもたちの心にしっかり残っているものです。
ここでは、それぞれ読んでいただく対象者別に本をセレクトしました。

バックナンバーを見る

4月のおすすめ絵本

山梨県立図書館サービス課子ども読書推進担当パパに読んでもらいたい本

しょうぼうていしゅつどうせよ

渡辺茂男さく 柳原良平え 1964年 福音館書店

しょうぼうていしゅつどうせよ

 港には船がたくさんいます。貨物船、タンカーなど大きな船からタグボートやモーターボートのような小さな船まで。船が衝突した時は、救助艇が出動します。火事の時は、火災に遭った船の大きさにあわせた消防艇が救助艇とともに出動します。まずはけが人を救助艇に移し、救急車の待つ桟橋まで全速力で戻ります。消防艇から消防士が火事の船に移り、火元と積み荷の確認をします。爆発の危険がなければ桟橋に引っ張って行き陸から消防車が、海からは消防艇が放水します。
 消防艇の役割や働きがよくわかり、船の安全を守るため働く人々がいることが学べます。

どうぶつしんちょうそくてい

聞かせ屋。けいたろう文 高畠純絵 2014年 アリス館

どうぶつしんちょうそくてい 

ここは動物園。今日は動物たちの身長測定です。みんな並んで順番を待っていますよ。ごりらの先生が、最初にうさぎの身長を測ろうとしたら「ぴん!」。耳をぴんと伸ばしても、測るのは頭の高さまで。40cmです。カンガルーはジャンプをするし、キリンは高すぎて…。ワニはずるをして3匹も重なっています。でも、測るのは1匹ずつです。シロクマは2本足で立ち、210cmもありました。動物たちの特徴がユーモラスに描かれた楽しい絵本。同じ作者の『どうぶつたいじゅうそくてい』もあります。
動物園では、基本的に体重は測っても身長は測らないとのことですが、作者は、子どもたちにできるだけ本当のことを伝えたいと、メジャーを持って動物園に行って実際に身長を測ってみたそうです。本を読んで動物園に足を運んでみませんか。

ママに読んでもらいたい本

おふとんかけたら

かがくいひろしさく 2009年 ブロンズ新社

おふとんかけたら 

 敷布団の上にタコさんが寝ています。お布団かけたらタコさんは8本の足を掛布団に「くーるくる」巻き付けてしまいました。トイレットペーパーさんが寝ているので、お布団かけたら「こーろころ」お布団から転がってしまいました。寝ている豆さんにお布団かけたら「すーくすく」芽を出しました。
 お布団をかけるとみんな幸せそうな笑顔で眠っています。お子さんとお布団に入る前に読みたい本です。きっと最後は一緒にお布団に入って「ぬーくぬく」楽しい夢が見られるのではないでしょうか。

くまさんくまさんなにみてるの?

エリック=カールえ ビル=マーチンぶん 1984年 偕成社

くまさんくまさんなにみてるの

 「くまさん くまさん、ちゃいろい くまさん、なに みてるの?」「あかい とりを みているの」。「とりさん とりさん、あかい とりさん、なに みてるの?」と次々に問いかけていきます。赤い鳥は黄色いアヒルを、黄色いアヒルは青い馬を…と続き、最後に「おかあさんは、なに みているの?」「だいすきな こどもたちを みてるのよ」。さて、その子どもたちが見ているものは何でしょう?
見開きページいっぱいに大胆に描かれた色鮮やかな動物たち。いろいろな色や動物が登場するので、名前を覚えることもできます。リズミカルな文章と繰り返しが楽しめる、おはなし会でも人気の絵本です。

じいじ・ばあばに読んでもらいたい本

いろいろバナナ

山岡ひかる作 2014年 くもん出版

いろいろバナナ 

 バナナが一房あります。「かわにかくれたさむがりバナナ でてこいでてこい くすぐるぞ」バナナが「はっくしょーん!」くしゃみとともに4本皮から飛び出しました。みんな皮をむかれて寒がっています。1本目のバナナはチョコレートのおふろに入って、チョコバナナになりました。2本目のバナナは冷たいミルクに入って「しまった!」と思ったけれど、ミルクと混ざってバナナシェイクになりました。3本目4本目は何になるのでしょうか?
 バナナのおやつが食べたくなります。お家でバナナを使ったお菓子作りも楽しそうです。

きょうのごはん

加藤休ミ作 2012年 偕成社

きょうのごはん

夕方の商店街。買い物をする人や子どもたちでにぎわっています。魚を買っているお母さんと、それを見ていた猫。「きょうの ごはんは なーに?」。お母さんの家をのぞいてみると、食卓にはおいしそうに焼けたさんまが並んでいます。家族みんなで「ん~ おいしい」。そして、お隣からもいいにおい。またまた猫がのぞいています。お隣のごはんは、みんなで作ったカレーライス。それから、そのお隣ではオムライス。コロッケやお祝いのおすしの食卓も。それぞれの家庭の夕飯の様子に、思わずご飯が食べたくなってきます。そして、猫のごはんは?
クレヨンとクレパスを用いた独特の画法で、ページいっぱいに描かれた夕飯は、どれも本当においしそう。商店街のページをよーく見てみると、「あっ、こんなところに、あの人が!」何度見ても楽しめる絵本です。

バックナンバーを見る

  • 子育てなんでも情報館 目的の施設の地図情報などが簡単に探せて、とっても便利です!
  • イベント情報
  • やまなし子育て応援カード

参加する

  • こども写真館 投稿写真募集中!
  • みんなでブログ 総合トップ10

子育てアンケート


過去のアンケート結果一覧


現在、実施しているアンケートはありません。

携帯サイト 欲しい情報がいつでもどこでも携帯から!