ホーム

  • 年齢・対象から探す
  • 目的から探す
  • 県からのお知らせ
  • お悩み相談広場
  • 役立ちリンク

ホーム > タバコや飲酒の影響は?

ここから本文です。

更新日:2021年2月3日

タバコや飲酒の影響は?

質問

妊娠中、タバコや飲酒の影響は、胎児にどう影響するのでしょうか?

回答

妊娠とわかったらその日からタバコはやめましょう。
妊娠中にタバコを吸うと、ニコチンや一酸化炭素の影響により、胎児に十分な酸素や栄養が行きわたらなくなります。その結果、胎児の発育を妨げ、流産や早産、低体重児出産の可能性が高くなります。
タバコは危険だということを強く認識してください。

また、妊婦がタバコを吸わなくても、夫や家族がタバコを吸えば受動的に煙を吸うことになります。少なくとも妊婦の近くでは吸わないよう、周囲の人に理解と協力を求めましょう。

また、お酒も控えるようにしましょう。アルコールは胎盤を通って胎児にもいきます。しかも、胎児と母体の血中のアルコール濃度には差がないといわれています。
妊婦が習慣的に飲酒していると、死産や未熟児、赤ちゃんが異常を伴って生まれてくる可能性が高くなります。

たまに少量飲む程度ならほとんど心配ないと思われますが、胎児の健康を考えると妊娠中の飲酒は控えるべきです。

  • 子育てなんでも情報館 目的の施設の地図情報などが簡単に探せて、とっても便利です!
  • イベント情報
  • やまなし子育て応援カード

参加する

  • こども写真館 投稿写真募集中!
  • みんなでブログ 総合トップ10

子育てアンケート


過去のアンケート結果一覧


現在、実施しているアンケートはありません。

携帯サイト 欲しい情報がいつでもどこでも携帯から!